健康経営の取り組み

企業理念

中電防災は、『消防、警備、点検を三位一体で提供する会社』として、光り輝く人材集団を目指し、当社 を支える従業員の“健康づくり”を積極的に支援することにより、従業員一人ひとりが心身ともに健康 で、能力や個性をいかんなく発揮することができるよう“人づくり”の環境を整えます。
また、心身の健康から生まれる笑顔の絶えない職場は、組織の活性化や風通しの良い職場環境の醸成にもつながり、イキイキとした“会社づくり”の原動力になります。
経営ビジョンの『社会に安全・安心を提供する会社として高い信頼性を確立する』ため、『健康づくり、人づくり、会社づくりを三位一体で実現する会社』を目指します。

中電防災株式会社
代表取締役社長 大瀧 敏幸

ビジョン

安全と健康は、
従業員とその家族の幸せの礎である。
全従業員が「元気に出社」し、
「元気に志事(しごと)※」し、
「元気に帰宅」できる会社にする。
※志を持って仕事に臨む

目標

<安全>
 業務上災害の軽微・重大は結果論。
業務上災害ゼロを追求し続ける!
<健康>
 実年齢より2.0歳若い健康年齢※を達成する!(2024年度末)
※健康診断の結果を使い、カラダの状態が何歳相当なのかを統計的に判定したもの

健康推進体制

健康推進体制

データで見る健康経営

  • 体力づくり社内行事参加率

    体力づくり社内行事参加率
  • 喫煙率

    喫煙率
  • 健康診断再検査実施率

    健康診断再検査実施率
  • ストレスチェックによる高ストレス者率

    ストレスチェックによる高ストレス者率
  • 特定保健指導
    積極的支援対象者率/動機付け支援対象者

    積極的支援対象者率

健康経営の取り組み

目標:中電防災は「業務上災害ゼロ」「健康年齢≦実年齢マイナス2歳」を掲げ、以下の取り組みを行っています。

主な取り組み内容

  • 健康増進
    • 体力づくりサポート
    • 食育の推進
    • 健康保険組合イベントへの参加
    • 健康年齢若返りチャレンジ
    • 優良事業所表彰
  • 疾病予防
    • 健診等の費用補助
    • 無料歯科検診の推奨
    • 特定保健指導
    • 若年層への保健指導
    • 禁煙チャレンジ
    • 感染症予防対策(新型コロナ等)
    • 熱中症予防対策
  • 環境整備
    • ストレスチェックの実施
    • メンタルヘルス対策
    • ハラスメント対策
    • 労働時間管理と長時間労働の防止
    • 有給休暇取得、勤務制度の活用
    • 受動喫煙対策
    • 育児・介護と仕事の両立支援
    • 執務室内の感染症対策
    • コミュニケーションの促進
    • 事故等の防止を目的とした職場環境の整備
「健康増進」体力づくりサポート
積極的な体力づくりを推奨し、事業所・個人別設定した目標に協力し取り組んでいます。「健康年齢の若返り」を目標とし、達成状況を共有することで、体力づくりの動機付けを行っています。
「健康増進」食育の推進
栄養検定の受験を通じて、栄養学の基礎や健康的な食生活の方法について知識習得を図っています。
従業員アンケートに基づき、実態に合わせた食生活の改善アドバイスを行っています。
「疾病予防」健診等の費用補助
疾病の早期発見、感染症予防を目的として、人間ドック、婦人科検診、インフルエンザ予防接種の費用を会社が全額負担しています。
「疾病予防」若年層への保健指導
40歳未満の若年層へ生活習慣病の改善を目的とした保健指導を行い、健康管理のサポートをしています。
「疾病予防」禁煙チャレンジ
禁煙アンケートや禁煙タイムの導入など、会社全体で禁煙の風土を作り、禁煙を推奨しています。
禁煙外来費用全額を会社が補助し、禁煙チャレンジを支援しています。
「環境整備」ストレスチェックの実施
全従業員を対象にストレスチェックを実施し、実施結果をもとに職場分析を行い、職場環境改善を図っています。
「環境整備」メンタルヘルス対策
階層別研修を実施し、ストレスやメンタルヘルスに対するセルフケア(自身が理解し、気づき、対処する)やラインケア(上司や周りが気付き、対処する)の学習を通じてメンタルヘルスの低下を防止しています。
「環境整備」ハラスメント対策
社内・社外ハラスメント相談窓口を設置し、従業員がハラスメント行為を相談しやすい体制を整えています。また、全従業員を対象にハラスメント防止研修を実施しています。
「環境整備」労働時間の管理と長時間労働の防止
Web上で利用できる勤務システムとパソコンログやタイムカードを活用し、上長が従業員の勤務状況を把握・管理しています。長時間労働者には産業医面談、業務配分の調整等の改善を行っています。
「環境整備」コミュニケーションの促進
安全衛生を題材としたミーティングを各職場で実施し、自由活発な発言ができる職場づくりの一助としています。

取り組みの紹介

  • メンタルヘルス研修
    ハラスメント防止 & メンタルヘルス研修

    管理監督者、中間管理職、一般従業員等の各階層別カリキュラムによる研修を実施しています。「ハラスメント防止の方針の明確化および周知・啓発」し、「傾聴を活用した相談・苦情・事後の適切な対応方法」のポイント学習、ケーススタディやロールプレイングを取り入れながら、「アンガーマネジメント(叱り方)」を基礎から教育しています。併せて、メンタルヘルス研修を同時に開催することで、健全な職場づくりには何が必要かを考えます。

  • 健康年齢若返りチャレンジ
    健康年齢若返りチャレンジ

    健康診断の結果をもとにした「健康年齢」の若返りを目指して、各所の特色を生かしながら計画・実施しています。体操やウォーキング、筋力トレーニングなどの体力づくり、各人の健康課題の解消を目指して取り組んでいます。

  • 転倒災害防止研修
    転倒災害防止研修

    加齢による身体機能の低下に焦点をあて、定年後再雇用者を対象とした転倒災害防止研修を実施しています。転倒のメカニズムや身体機能低下による転倒リスクを学ぶことに加え、身体機能チェックの実習を行います。転倒リスクが高くなる「実際の身体機能と自分のイメージのギャップ」に気付き、身体機能向上に取り組むきっかけづくりとしています。

  • 社長・役員等とのディスカッション
    社長・役員等とのディスカッション

    「安全」や「健康づくり」をテーマに、従業員とのディスカッションの機会を設けています。社長・役員からは「ビジョン・目的」を伝え、従業員からは取り組みに関する意見や要望、アイディアや提案を率直に話せる場になっています。

PAGETOP
TOPへ